本文へスキップ

小型船舶操縦士

海技士

船長になるには

船長になるにはHEADLINE

小型船舶操縦士

小型船舶の運転免許

■仕事内容

大きさと航行区域で4種類 
総トン数20t未満または全長24m未満の船(免許が不要な船を除く)で、用途がスポーツやレクリエーションに限られるボートなどを操縦するのに欠かせないのが小型船舶操縦士免許(別名:ボート・水上オートバイ免許)である。
 
免許は、操縦できる(1)船の種類・大きさ、(2)航行区域によって1級、2級、2級(湖川小出力限定)、特殊の4つに分かれる。詳細は以下の通り。
1級=(1)24m未満のプレジャーボート、その他は20t未満 (2)すべての水域 ※水上オートバイは操縦不可。
2級=(1)24m未満のプレジャーボート、その他は20t未満 (2)海岸から約9km ※水上オートバイは操縦不可。
2級(湖川)= (1)5t未満、エンジン出力15kw未満 (2)湖川および一部の海域 ※水上オートバイは操縦不可。
特殊=(1)水上オートバイ (2)湖岸や海岸から約3.7m


■取得方法

2級は15歳9か月から受験可 
身体検査に合格後、学科、実技の各試験を受験する。独学での合格も可能だが、個人では実技の習得が難しいため、免許スクールや登録小型船舶教習所で学んでから受験に臨む人が多い。


■受験情報
受験資格: 1級=17歳9か月の者
2級・2級(湖川小出力限定)・特殊=15歳9か月以上の者
試験科目: [身体検査]視力=両眼ともに0.6以上(矯正可)、弁色力=夜間において船舶の灯火の色を識別できること、聴力=5m以上の距離で話声語の弁別ができること、疾病および身体機能の障害=軽症で業務に支障をきたさないと認められること
[学科]小型船舶操縦者の心得および遵守事項、交通の方法、運航など
[実技]1級・2級=長さ5m程度の試験船を使用、2級(湖川小出力限定)=長さ5m程度で出力15kW未満の試験船を使用、特殊=3人乗りの水上オートバイを使用
申込期間: 各試験日の20日前から7日前まで
試験日: 身体検査・学科=原則として週1回程度、実技=順次実施
試験地: 全国のおもな市町村
受験料: 身体検査=3,200円、学科=2,200円〜5,900円、実技=14,700円〜18,600円
申請者: 1級=約6,700人、2級=約13,000人、2級(湖川)=約540人、特殊=約9,200人(平成22年度)
合格率: 1級=約72%、2級=約82%、2級(湖川)=約94%、特殊=約87%(平成22年度)


■問い合わせ先
財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会 特定事業本部試験部 または各地方事務所
住所:〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町2-7-19 田中保全ビル
TEL:03-5229-8531




海技士の資格

バナースペース