本文へスキップ

救命艇手

海技士

船長になるには

船長になるにはHEADLINE

救命艇手

船舶の非常事態に対応できる資格

■仕事内容

救命艇への誘導や乗艇の指揮 
旅客船及び旅客船以外の最大搭載人員100人以上の船舶において救命艇手が選任される。業務は、救命艇の整備・管理、食料・航海用具その他の物品の救命艇への積み込みなど。非常時には、救命艇等の降下、海員・旅客の招集と救命艇等への誘導、乗艇の指揮などを行う。なお、限定救命艇手は国内を運航する船舶に限り、似た内容で業務が規定されている。


■取得方法

乗船履歴等がある者に認定制度 
試験は学科と実技からなる。受験には一定の乗船履歴などが必要。なお、海技免状受有者または海技系学校卒業者、または同等以上の能力を有する者は、年齢要件(18歳以上)、健康証明書、乗船履歴(6月以上)により、資格を認定される。


■受験情報
受験資格: 年齢満18歳以上の者で、一定の乗船履歴がある者(詳細は省略)
試験科目: (1)学科=非常事態に対処する訓練など、(2)実技=救命胴衣の着用、救命艇に乗り組み転覆した救命いかだを水中で起こすことなど
試験日: 地方運輸局長より受験申請者に通知
試験地: 地方運輸局長より受験申請者に通知
受験料: 5,000円
合格率: ほぼ100%


■問い合わせ先
国土交通省または各地方運輸局海上安全環境部船員労働環境・海技資格課




海技士の資格

バナースペース