本文へスキップ

海事代理士

海技士

船長になるには

船長になるにはHEADLINE

海事代理士

海技法令の専門家

■仕事内容

船舶の登記などを代行 
事業者や個人の委託により行政機関に対して、船舶の登記、登録、検査、総トン数測度の申請や、海技免状や操縦免許証の取得・更新・再交付などの申請、旅客航路等の許認可の申請など、海事関係法令に基づく手続きを行う。海事代理人とも呼ばれる。


■取得方法

海事法令が問われる 
筆記試験合格者に口述試験が行われる。


■受験情報
受験資格: [筆記]特に制限なし [口述]当年度および前年度の筆記試験合格者
試験科目: [筆記]一般法律常識=憲法、民法、商法(第3編「海商」のみ対象) 海事法令=国土交通省設置法、船舶法、船舶安全法、船舶のトン数の測度に関する法律、船員法、船員職業安定法、船舶職員及び小型船舶操縦者法、海上運送法、港湾運送事業法、内航海運業法、港則法、海上交通安全法、造船法、海上汚染等及び海上災害の防止に関する法律、国際航海船舶及び国際港湾施設の保全の確保等に関する法律(国際港湾施設に係わる部分を除く)及びこれらの法律に基づく命令 
[口述]海事法令=船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法
申込期間: 8月上旬〜9月上旬
試験日: 筆記=9月下旬〜10月上旬、口述=11月下旬
試験地: 筆記=各地方運輸局(運輸監理部及び沖縄総合事務所を含む)、口述=東京(国土交通省)
受験料: 6,800円
受験者: 筆記=344人、口述=221人(平成22年度)
合格率: 筆記=56.7%、口述=68.3%(平成22年度)


■問い合わせ先
国土交通省 海事局海事人材政策課海事振興企画室
住所:〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03-5253-8946




海技士の資格

バナースペース