本文へスキップ

海技士(機関1級〜6級)

海技士

船長になるには

船長になるにはHEADLINE

海技士(機関1級〜6級)

船舶の機関の作動状態を監視し操作にあたる

■仕事内容

遠洋航海の機関長は1級海技士 
船舶の機関士の職務は、機関および付属設備の作動状態の監視および点検、機関等の操作、機関区域内の巡回、機関等の故障発生時等における応急措置の実施ならびに記録の作成である。
 
遠洋航海の機関長になるためには1級海技士の資格が必要だ。
 
なお、海技士(機関)の資格には、機関1級から6級のほかに、運航士としての機関当直3級海技士、ガソリン・ディーゼルエンジン等の内燃機関を担当する内燃機関海技士も含まれる。


■取得方法

試験科目は機械・電気電子関係 
海技士(機関)の国家試験は、出力装置、電気工学、自動制御機械、甲板機械などの機関関連と執務一般の科目となる。一部試験合格の有効期間などは海技士(航海)と同じ。登録船舶職員養成施設修了者は筆記試験が免除される。


■受験情報
受験資格: 年齢制限はないが、総トン数5t以上の船舶で2年以上など、各級ごとに規定された乗員履歴を有する者
試験科目: 筆記=(1)機関に関する科目(出力装置、プロペラ装置、補機・電気工学および電気設備、自動制御装置、甲板機械など)、(2)執務一般に関する科目(当直・保安および機関一般、船舶による環境汚染防止、応急医療など)
身体検査=(1)視力、(2)弁色力、(3)聴力、(4)疾病、身体障害の有無 口述=筆記科目と同じ
申込期間: 各試験日の35日前から15日前まで
試験日: 4月、7月、10月、2月
試験地: 札幌、仙台、新潟、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、高松、福岡、那覇
受験料: 筆記2,400円〜7,200円、身体検査870円、口述3,000円〜7,500円(級によって異なる)
受験者: 505人(関東運輸局の例/平成22年度)
合格率: 筆記=7.3%、口述=80.7%(関東運輸局の例/平成22年度)


■問い合わせ先
国土交通省または各地方運輸局海上安全環境部船員労働環境・海技資格課




海技士の資格

バナースペース